スクロール

2020.03.27

補助金受付始まっています。

 

①ものづくり・商業・サービス補助金

 

※新製品・サービス開発や生産プロセス改善等のための設備投資等を支援します。

 

・対象  :中小企業・小規模事業者等

・補助上限:原則1,000万円

・補助率 :中小1/2 小規模2/3

 

【想定される活用例】

・部品の調達が困難となり、自社で部品の内製化を図るために設備投資を行う

・感染症の影響を受けている取引先から新たな部品供給要請を受けて、生産ラインを新設・増設する

・中国の自社工場が操業停止し、国内に拠点を移転する

 

◎要領や詳細はこちらをクリックしてください ⇒ ものづくり補助金

 

 

 

小規模事業者持続化補助金(5.25更新)

 

※小規模事業者の販路開拓等のための取組みを支援します。

 

・対象 :小規模事業者等

・補助額:~50万円

・補助率:2/3

 

【想定される活用例】

・小売店が、インバウンド需要の減少を踏まえ、店舗販売の縮小を補うべく、インターネット販売を強化する等、ビジネスモデル転換を図る

・旅館が自動受付機を導入し、省人化する

 

・受付締切(締切日当日消印有効)
<第1回締切>2020年 3月31日(火)   <第2回締切>2020年 6月 5日(金)
<第3回締切>2020年10月 2日(金)   <第4回締切>2021年 2月 5日(金)
第5回受付締切以降については、今後改めてご案内いたします。

※申し込みにあたり、補助金申請者が所在する地区の商工会・商工会議所で書類を確認する作業が必要のため、締切日まで余裕を持った日程で、商工会・商工会議所にご相談ください。

 

・申請書提出先・問い合わせ先:補助金申請者が所在する商工会連合会
※申請書類の提出は、申請者が所在する地区の商工会が窓口となります。
※詳細は公募要領をご覧ください。

※記載内容変更に伴い公募要領を更新しました。(4.27更新)

    http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/jgra.html

<公募要領>pdf R1年度補正持続化 公募要領[一般型]茨城県ver.5.0.pdf (1.83MB)

<申請様式>令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金 申請様式集(事業者用)ver.4.1.zip

 

 

②-1 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)(5.25更新)

 

小規模事業者が新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために行う販路開拓等の取組を支援。

 

・対 象 :小規模事業者等

・補助上限:100万円

・補助率 :2/3

 

【想定される活用例】

・新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける中でも、営業を継続するため、店内飲食のみであった洋食屋が、出前注文を受け付けるためのwebサイトを作成し、来店しない顧客への販売を開始
・旅館が、自動受付機を導入し、非対面型のサービスを提供する

 

【公募スケジュール】

・受付開始 2020年5月1日(金)

・受付締切(締切日当日消印有効)
<第1回締切>2020年 5月15日(金)   <第2回締切>2020年 6月 5日(金)

※第2回受付締切移行も、複数回の締切を設ける予定であり、締切日は決定次第公表予定です。

※申し込みにあたり、補助金申請者が所在する地区の商工会・商工会議所で書類を確認する作業が必要のため、締切日まで余裕を持った日程で、

商工会・商工会議所にご相談ください。

・申請書提出先・問い合わせ先:補助金申請者が所在する商工会連合会
※申請書類の提出は、申請者が所在する地区の商工会が窓口となります。

※詳細は公募要領をご覧ください。

※申請様式につきましては下記よりダウンロードください。

 

<公募要領>pdf R2補正予算 小規模事業者持続化補助金事業<コロナ特別対応型>公募要領ver.3.0.pdf (1.61MB)

<様式集>令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金事業<コロナ特別対応型>様式集(事業者用)ver.3.0.zip

 

【小規模事業者持続化補助についてのお問合せ先】
中小企業庁小規模企業振興課 03-3501-2036

 

 

③IT導入補助金(4.22更新)

 

※ITツール導入による業務効率化等を支援。5月からベンダー・ツール登録を開始し、同時に補助事業者の申請受付を開始予定。

 

・対象 :中小企業・小規模事業者等

・補助額:30~450万円

・補助率:1/2(特別枠は、2/3)

 

※通常枠でも、テレワークの導入に取り組む場合は、審査において加点

 

【想定される活用例】

・在宅勤務制度を新たに導入するため、業務効率化ツールと共にテレワークツールを導入する

※特別枠に限り、PC・タブレット等のハードウェアにかかるレンタル費用も補助対象

 

【公募スケジュール】

公募要領公開:4月24日(金)(暫定版公開中)
申請開始:5月上旬予定
申請締切:5月中予定
※2次締切後も申請受付を継続し、令和2年度内に、令和2年9月、12月に締切りを設け、それまでに申請のあった分を審査し、交付決定を行います。

(9月の締切の前倒し・締切追加を検討しており、制度内容、予定は変更する場合がございます。)

 

◎要領や詳細はこちらをクリックしてください ⇒ IT導入補助金